転移すると怖いがん【大腸がんの症状をしっかり把握して早期発見】

初期症状が分かりにくい

2人の入院患者

最近では、すい臓がんなども増加傾向にあります。がんは全体的に初期症状が分かりづらい事が知られています。とくに、すい臓がんの場合、初期の自覚症状がほとんどないので注意が必要です。

View Detail

最新治療をチェック

手

がんの治療方法は基本的に3つとされていましたが、近年では医療の進歩が実を結び、第4の治療方法である免疫治療なども効果的な方法として治療が行なわれるようになりました。

View Detail

大腸がん 転移

シニア患者と医者

大腸といえば、小腸で吸収された食物の水分を吸収して便を作り出す役割を担っている臓器として知られています。大腸は盲腸と結腸、直腸に分けられています。昔は大腸に関する病気はほとんど日本人には所縁のない病気でしたが、欧米の食文化が取り入れられる様になった現在では増加傾向にあるがんとして知られています。大腸がんは主に直腸がんと結腸がんに分ける事が出来ます。結腸がんの発生率は日本人には少なかったのですが、近年になって急増しているので注意が必要です。

大腸がんの症状としては便に関する異常が多く確認されています。便を作り出す大腸が異常を起こすので便に関する症状をしっかりと覚えておくと身体の異常にいち早く気づく事が出来るでしょう。大腸がんの便に関する異常で報告されているのが血便や残便感、便が細くなるなどの異常です。他にも、下痢や便秘が繰り返し起こるなどにも注意しましょう。便以外では、腹痛や貧血を起こしやすくなるなどの身体の異常が確認されています。これらの症状に当てはまる場合は専門医の方に診察してもらった方が良いでしょう。

大腸がんの場合、早い段階で発見する事が出来れば内視鏡手術や外科療法によって完治させる事が可能です。がんが筋肉層を超えてしまっている状態でも、5年生存率が約80%以上と生存率が高めなので初期段階に発見して適切な治療を行なえば完治させる事は可能です。しかし、リンパ節への転移や周辺臓器である肝臓や腹膜などに転移してしまった場合の生存率は平均して30%程度となってしまうので早期発見、早期治療がとても重要なのです。

検診方法を知る

下を向く女性

乳房に発生する乳がんは女性の患者さんが圧倒的に多いがんとして知られています。乳がんの特徴としては乳房にしこりなどが発生するのが一般的で、乳がん検診では問診や触診が行なわれます。判断できない場合は機器で検診を行ないます。

View Detail