転移すると怖いがん【大腸がんの症状をしっかり把握して早期発見】

最新治療をチェック

手

近年のがん治療では免疫治療が効果的だとして世界的に注目されています。現在の主ながん治療は外科的治療によって腫瘍を患部から切除する手術療法、がんを撃退する抗がん剤を服用、点滴などで体内に取り込む化学療法、放射線を患部に照射する事によってがんの進行を抑え縮小させる放射線治療などがあります。これらの治療は三大がん治療と言われています。これらの治療方法は現在でもがんに有効な治療方法として知られていますが、免疫治療は第4のがん治療として注目を集めている最先端のがん治療として知られています。

免疫治療では人間が本来もつ、ウイルスや菌に対する抵抗力を活かした治療方法であるため、副作用の少ない治療方法として知られています。人間の身体に備わっている免疫は大概から侵入した異物や体内で悪さを行なうものを排除するための働きです。この免疫力を高める事によってがんの治療が可能となっています。この免疫治療を行なう際には、患者さん自身から摂取した血液から治療を行なう際に必要な免疫細胞を取り出して数を増やし、活性化させます。この活性化させた免疫細胞を取り出し、生理食塩水と一緒に点滴で患者さんの体内に戻す事によってがん細胞を効率良く排除してくれる治療が行なえるのです。この免疫治療では体内の免疫を高める効果があるので、化学療法である抗がん剤治療の効果最大限に活かしつつ辛い副作用の緩和も可能だという事で、化学療法と併用される事も多いようです。この免疫治療は最先端の医療であるため、健康保険が適応されません。治療費は全額自己負担になってしまうのですが、近年では医療費控除なども利用できるので治療方法の1つとして選択する方も増加しています。