HOME>特集>安全運転への意識を育てるためのドライブレコーダー

安全運転への意識を育てるためのドライブレコーダー

女の人

案外自分の運転は意識できない

自分では安全運転をしているつもりでも、助手席に乗った家族や友人に運転が怖いと言われた経験があるドライバーは多いでしょう。自分の運転を意識することはなかなか難しく、このような認識の違いが生まれやすいのは事実です。しかし、いくら自分が安全だと信じていても周囲から危険運転と認識されていては意味がありません。ドライバー同士の配慮で成り立っている道路上では、自分の運転をしっかりと理解し、他のドライバーへ気配りができるようにならなければなりません。そのために必要なことは、自分の運転を客観視することです。ドライブレコーダーを取り付けて自分の運転を客観的に見ることを習慣づけることで、安全運転ができるようになります。

ミニカーと人形

映像でみれば運転を自覚できる

自分では安全運転をしているつもりでも、助手席に乗った家族や友人に運転が怖いと言われた経験があるドライバーは多いでしょう。自分の運転を意識することはなかなか難しく、このような認識の違いが生まれやすいのは事実です。しかし、いくら自分が安全だと信じていても周囲から危険運転と認識されていては意味がありません。ドライバー同士の配慮で成り立っている道路上では、自分の運転をしっかりと理解し、他のドライバーへ気配りができるようにならなければなりません。そのために必要なことは、自分の運転を客観視することです。ドライブレコーダーを取り付けて自分の運転を客観的に見ることを習慣づけることで、安全運転ができるようになります。