HOME>特集>ドライブレコーダーの性能を確認して導入しよう

ドライブレコーダーの性能を確認して導入しよう

ウーマン

とてもコンパクトなので導入しやすい

最近は、ドライブレコーダーを設置している人が多いです。そして、年々コンパクトで性能が高いものが販売されています。基本的には、ルームミラー周辺に設置するため、視界を妨げないサイズのほうが導入しやすいです。そして、タイプも一体型と分離型があり、一体型は電源を繋ぐだけですぐに利用できるというメリットがあります。それに対して、分離型は本体とカメラが分かれているため視界を妨げることがありません。本当に小さいタイプでは、ミラーの裏に隠れるほどの大きさのものがあります。そして、性能としては200万画素以上になっているものは、ナンバープレートまでしっかりと録画できるメリットがあり、いざという時の証拠として有効的です。そして、コンパクトなボディーでも画面がついているものが多く、その場で確認をすることも可能です。

カップル

取り付けてもらうことも可能

一体型でも分離型でもカー用品店で取り付けをしてもらうことができます。特に、分離型は本体とカメラが別になっているためきれいに配線をしたい人は取付を依頼している人が多いです。工賃としては、3000円から5000円が総場になっています。ちなみに、ドライブレコーダーの取付位置は決められていて、それ以外のところに付けてしまうと違法になってしまうこともあります。そのため、スマートに取り付けるためにも、業者に依頼をして取り付けをしてもらうほうが安心です。そして、カー用品店では本体と工賃をセットで販売しているところもあり、お得に付けることができます。いろいろなメーカーがあり、常時録画ができるタイプなど性能を比較して選ぶことが大切です。